道徳教育の一時間のモデル授業は

教育

道徳教育の一時間のモデル授業は

道徳の教材を使った授業の流れは、まず導入として本時の徳目に近づく日常の実践からはじまります。
例えば、優しさについての授業であれば、日頃優しさを感じた出来事はありましたかとか、優しくしてあげたことはありましたかとかいう発問からはじめます。
そして、次に教材を読み、主人公が悩みながらも行動することについて、心情やその変化について読み取ります。
さらに、その主人公が自分だったらどうするかを考え、意見を出し合い練り合います。
教材の読み取りと自分に置き換えたときの気持ちを整理した後、教材を離れた全くの普段の生活の中で、優しさについて感じたことを交流しあいます。
最後に、先生の体験談や訓話を話し、授業をしめます。
従来の読み物教材をこなしただけと批判の多い道徳から、自分たちに置き換えた道徳に変化しているのが、これからの道徳です。
自分のこととして考え、行動するところまで、子ども達の心を動かす授業が求められます。

そのアイデアが紙から飛び出す。
アナタだけのファッションデザインをステージで現実にしませんか?

東京のダンス専門学校|アナウンス学院

映画業界で働きたい方のための専門学校

最新記事